ペリエ千葉 開業50周年記念 スペシャルコラボレーション<第一弾>ペリエ千葉×室井佑月/連射小説「ともに ときを こえて」

人気作家がペリエ千葉を舞台に短編小説を書き下ろし。
主人公は、明日のあなたかもしれない。

第一話 あたらしい広場

室井佑月

ミス栃木、モデル、女優、レースクイーン、銀座のクラブホステスなどの職業を経た後、1997年に「小説新潮」5月号の「読者による『性の小説』」に入選。1998年に『熱帯植物園』(新潮社)を上梓した。
最近では活動の幅を広げて、若い女性の代弁者、恋愛の教祖、そして、シングルマザーとして小学生の子供を育てている立場から教育問題にも関心が高く、テレビ・ラジオのコメンテーター・シンポジウムのパネリストとして、又講演会等で活躍中。
趣味は、子育て・手芸。特技は、料理・スキューバダイビング。

■主な著書
「熱帯植物園」(新潮社)
「血い花(あかいはな)」(集英社)
「Piss」(講談社)
「ラブゴーゴー」(文春ネスコ)
「作家の花道」(集英社)
「ああーん、あんあん」(マガジンハウス)
「子作り爆裂伝」(飛鳥新社)
「ドラゴンフライ」(集英社)
「プチ美人の悲劇」(原書房)
「メリーゴーランド」(文春ネスコ)
「クルマは男のエクスタシィ」(中央公論社)
「ラブファイアー」(文春ネスコ)
「プチ美人とお金」(原書房)
「恋のQ&A」(文春ネスコ)
「ぷちすと」(中央公論)
「恋より仕事」(メディアファクトリー)
「ママの神様」(講談社)
「LoveLoveLove」(ソフトバンククリエイティブ)
「ぷちすとハイパー!」(中央公論新社)