ペリエ千葉 開業50周年記念 スペシャルコラボレーション<第二弾>ペリエ千葉×岩崎夏海/連射小説「ともに ときを こえて」

ペリエ千葉を舞台にした書き下ろし小説。

第七話 姉の予言

岩崎夏海

1968年7月生まれ。東京都日野市出身。
東京芸術大学建築科卒。
大学卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。
放送作家として数多くのテレビ番組の制作に参加。
その後、アイドルグループAKB48のプロデュースなどにも携わる。
現在は、作家として株式会社吉田正樹事務所に所属。
2009年12月、初めての作品となる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』を著す。【2013年8月現在、273万部(含む電子書籍)】
また、2012年8月より、ニコニコチャンネル「ハックルベリーに会いに行く」にて、ビジネス、マネジメント、マーケティング、クリエイティブのテーマについて毎日コラム執筆中。

■近書
『甲子園だけが高校野球ではない』(廣済堂出版)【2012年5月現在、10万部突破】
『エースの系譜』(講談社)【2011年3月18日発売】
『小説の読み方の教科書』(潮出版社)【2011年10月5日発売】
『チャボとウサギの事件』(文藝春秋)【2012年6月16日発売】
『甲子園だけが高校野球ではない2』(廣済堂出版)【2012年6月29日発売】
『宇宙って面白いの?』(講談社)【2012年7月7日発売】
『まずいラーメン屋はどこへ消えた?「椅子取りゲーム社会」で生き残る方法』(小学館)【2013年6月3日発売】